サイトを快適に利用するためには、JavaScriptを有効にしてください。
  • TOP > Resのグリーフケア

リスのグリーフケア リスのグリーフケア

グリーフケア 悲嘆回復 とは
悲しみに独りくれ、孤独や絶望感、自責、罪障や恐怖にも似た不安に襲われます。その悲しみ、苦痛、環境の変化を乗り越えようとする心の努力、受け入れようとする過程が「グリーフワーク」です。この状態の人を、その悲しみから立ち直れるようにそばにいて支援すること、 寄り添う事がグリーフケアです。
グリーフケア 悲嘆回復 とは
グリーフ(悲嘆)を癒し、様々な症状を軽くし、混乱した精神状態から抜け出すためには、充分に悲しみ、その悲しみを何らかの形で表出し、受け止める心の作業が必要です。 信頼できる場での心の解放、悲しみを癒すための機会を創ること、体系的に心の整理を行うことが、グリーフを軽減させてくれます。
グリーフケア 悲嘆回復 とは 悩む
精神的な反応 長期に渡る「思慕」の情を核に、感情の麻痺、怒り、恐怖に似た不安を感じる、 孤独、寂しさ、やるせなさ、罪悪感など。 身体的な反応 睡眠障害、食欲障害、体力の低下、健康感の低下、のどの緊張感、呼吸障害、疲労感、頭痛、肩こり、めまい、動悸、胃腸不調、便秘、下痢、血圧の上昇、白髪の急増、自律神経失調症、体重減少、免疫機能低下、故人と同じ症状の出現、アルコールや薬の依存など。 日常生活や行動の変化 ぼんやりする、涙があふれてくる、多くの「なぜ」「どうしよう」の答えを求められ、死別をきっかけとした反応性の「うつ」により引きこもる、落ち着きがなくなる、より動き回って仕事をしようとする、故人の所有物、ゆかりのものは一時回避したい思いにとらわれますが、時が経つにつれ、いとおしむようになるなど。 以上のような症状は、混在して、それも時をかまわずして起こります。さらに困ったことには、きっかけさえあれば、何年か後に再発することもあるのです。
グリーフケア・アドバイザー グリーフケア・アドバイザー
大切な家族を亡くした家族の悲嘆は、落ち着きを取り戻すまで何年もかかって当然なのです。欧米では病気として認められている事象です。日本でも、グリーフケア協会という団体が 近年立ち上がり、取組みを始めています。悲しむこと、嘆くことを遠慮せず、少しずつ、 ゆっくり受け入れていきましょう。グリーフケア・アドバイザー資格取得者が、 そのお手伝いをさせていただきます。
グリーフケア・アドバイザー

© 2017 Sakura holdings inc.

コールセンター 0120-335-540 24時間365日受付!携帯電話からも通話無料 コールセンター 0120-335-540 24時間365日受付!携帯電話からも通話無料